高校のテストや大学受験に向けて世界史を勉強する方法

世界史は多くの高校で必修科目に指定されているだけではなくて、大学受験でも選択する受験生が多い教科です。

また学習を進める場合には、歴史の流れを的確につかむと同時に、様々な用語も覚える必要があります。

したがって世界史は暗記科目という側面もあり、その内容を十分に理解するためには、時間をかけて勉強する必要があります。

また大学受験を目指す場合でも、高校の授業内容を十分に理解することが大切です。

そのために世界史の学習をスタートするときには、教科書を何度も読んだうえで、内容を整理することが最も大切です。

更に教科書に加えて、書店などで市販されている様々な教材を組み合わせるのが最も効果的な方法です。

その中でもサブノートは非常に便利であり、教科書の内容をコンパクトにまとめることができると同時に、書きながら内容が理解できるメリットも大きいです。

しかし受験レベルの内容を更に理解するためには、参考書を購入するのが理想的です。

参考書であれば教科書よりも詳しく用語を解説しているので、入試に必要な専門知識も効率的に身に着けることができます。

またセンター試験のようなマークシートのテスト対策では、類題を何度も繰り返し練習するのが理想的です。

そこで出題例を豊富に紹介しているような、世界史の問題集も活用するべきです。

その場合には問題演習後に間違えた内容をやり直したうえで、歴史の流れや設問の解法を頭の中でもう一度整理するのがポイントです。